釧路 鶴居村

  1. 1.Tsurui 9:02a.m.

Keyboard shortcuts:

Next track /  Previous track / Space Play/pause

鶴居村(北海道・釧路)

鶴居村はタンチョウヅルのサンクチュアリがあることで有名です。
毎年、冬になると雪原に舞うタンチョウヅルの姿を求めて多くのカメラマンが集まります。
明治の頃までは、北海道から本州へ渡って冬を越していたタンチョウヅルは、美しい姿から 民話にもなりましたが、その美しさゆえに絶滅寸前まで数が減ってしまいました。
しかし、地元の中学生達がトウモロコシを撒いて保護したおかげで、北海道で冬を越せるようになり、今では約1000羽のタンチョウヅルが確認されています。
鶴居村を訪れたのは一月末。
カメラのシャッター音をさけ、雪原(夏は牧場になります)に座り続けて2時間。遠くからカウーッカウーッと鳴声が近づいてきます。
大きく翼を広げたタンチョウヅルが舞い降り、長い首を反らせて互いにカウーッと鳴き交わすと、 嘴から息が白く立ちのぼって見えました。
その姿・・・想像以上に大きく、そして優雅なこと・・・ ゾクゾクとしたのは感動だったのか、それとも、もう寒さの限界だったのでしょうか。

1.Tsurui 9:02a.m. (43゜11´54.30゛N  144゚18´29.40゙E)